関東建設工業株式会社関東建設工業株式会社

ニュース

ニュース

2021年08月23日 | 施工トピックス

「太田市外三町広域清掃組合クリーンプラザ」が竣工しました。

太田市外三町広域清掃組合クリーンプラザは、太田市・大泉町・邑楽町・千代田町の一市三町の燃えるごみを焼却するための施設で、1日に330トンのごみを燃やすことができます。
特に優れているのが、焼却する時に出る熱を有効活用して発電する能力です。このクリーンプラザと隣接するリサイクルプラザの消費電力を賄った上、余った分を売電して年間3億8000万円もの利益を出せる計算になっています。
施設の中には見学通路もあり、子どもたちがごみ処理の流れを理解しながら環境について学べるように工夫されています。

2021年07月15日 | 施工トピックス

「藪塚本町保育園 新園舎」が竣工しました。

(社)藪塚本町互助会 藪塚本町保育園の新園舎は、以前ご紹介した太田いずみ幼稚園と同じく、子育て施設に特化した設計事務所として有名な時設計が設計を担当されました。
白を基調とし、曲線を多用した園舎は、建物を使って子どもたちが楽しめるよう、様々な工夫がされています。
建屋正面にはぶら下がって遊ぶことができる登りロープが設置されており、上部フロアに上がれる階段も設置してあるので、ロープで上に登ったり降りたり、ブランコのように揺らしたり、いろんな遊び方が楽しめます。
子どもたちが靴を履き替える昇降口の天井には、網で塞がれた大きく丸い開口部がありますが、この部分の2階は子どもの遊び場になっていて、網の部分はトランポリンのように飛んだり跳ねたり、くぼみの部分に潜って遊ぶことも出来るようになっています。
また屋上には太陽光発電システムも設置し、環境にも配慮した建物となっています。

2021年06月08日 | 施工トピックス

「江東区立豊洲西小学校校舎増築他改修工事」が竣工しました。

江東区立豊洲西小学校は、当社も管理棟を建設した豊洲新市場、病院、タワーマンション等の開発が進む豊洲五丁目地区に2015年に新設されましたが、マンションの急増に伴う生徒数の増加に対応するため、既存校舎の隣接地に敷地を拡張し、増築棟を建設しました。増築棟は4階建で、普通教室の他に多目的室・少人数教室、理科室や家庭科室などの特別教室を設け、運動施設として利用できるように昇降口前と屋上にプレイコートを配置しています。更に既存校舎に配置されていた江東きっずクラブも増築棟に移転されました。建物の仕上げは既存校舎との連続性を保つために木材を使った内装とし、明るくて木の温かみを感じられる空間となっています。

2021年04月14日 | 施工トピックス

「認定こども園 太田いずみ幼稚園増築工事」が竣工しました。

プラン作成から完成までを動画にまとめましたので、ご覧ください。

2021年03月16日 | 施工トピックス

「東京都立七生特別支援学校」が竣工しました。

都立七生特別支援学校は、知的障害を抱える児童・生徒が通う特別支援学校で、東京都日野市の緑豊かな郊外にあります。学校には小学部・中学部・高等部がありますが、既存施設の老朽化と生徒数増加のため、校舎の建替とプール棟の改修工事を行いました。校舎棟の壁面には地域性を生かして、地元の「日野煉瓦」をアクセントに採用しています。また校舎内の7つの階段は、七生の「七」を掛けて七色に塗り分けていますが、色の違う階段は、生徒さんが階段の場所を色によって識別できるという効果もあります。

2021年03月02日 | 施工トピックス

認定こども園太田いずみ幼稚園の現場で左官工事を紹介するイベントを開催しました。

太田いずみ幼稚園の工事では、当初の内壁は塗装仕上げでしたが、漆喰に新型コロナウイルスの不活化効果が認められたため、施主に提案して漆喰仕上げに変更をしました。
実際に内壁に漆喰を塗るところを園児に見学してもらい、また地域貢献活動の一環として、園児の皆さんに左官工事を紹介するイベントを開催しました。まずは漆喰仕上げについて説明をした後、実際に左官職人さんが実演を行い、その後は園児の皆さんにも漆喰塗りを体験してもらったり、コースターを作りました。

2020年11月04日 | 施工トピックス

「中野警察署 新庁舎」が竣工しました。

今月7から運用が開始される新庁舎は、地上4階・地下2階建で、延べ床面積は旧庁舎のおよそ3倍となる1万1800㎡です。
建屋の正面から見ると、建物の間にマンションが入り込んだ複雑な構造となっています。
館内に入る際は、出入口から階段や床が一切無いバリアフリーの設計となっているほか、授乳室も新設されるなど、様々な来庁者に対応した施設となっています。
また屋上にはソーラーパネル、地下には射撃場などの施設も完備しています。

2020年10月03日 | 施工トピックス

「群馬パース大学5号館」が竣工しました。

群馬パース大学は医療に特化した大学で、グループの病院・福祉施設とともに、地域の医療福祉を支える大きな力となっています。
2010年には高崎新キャンバスを開校し、当社が建屋の建設を行いました(現1号館)。
このたび竣工した群馬パース大学5号館は、現在増築中であるその1号館から徒歩2分の立地にあります。
1階には学生支援センター、健康管理センター、国際交流センター、キャリアサポートセンターなど、学生の皆さんのキャンパスライフをサポートする様々な施設、2階には認定看護師教育課程の教室や地域連携センターが設けられています。
また3階から5階は合計40室の群馬パース大学の学生専用マンションとなっています。
間取りはバス・トイレ別、専用キッチンもついた1Kタイプ。オートロックでセキュリティもしっかりした部屋で、快適な学生生活が過ごせるようになっています。

外観
国際交流センター
看護実践教育センターLecture Hall5
学生支援センター受付

2020年6月18日 | 施工トピックス

「江東区立香取小学校」が竣工しました。

江東区立香取小学校校舎改築その他改修工事は、既存校舎の老朽化に伴い、関東・塚本・テッケン建設共同企業体にて施工を行いました。
着工したのは2018年6月末。旧校舎・付属棟・校庭遊具等の解体撤去から着手し、校舎棟・付属棟の増築ならびに校庭整備、外構工事、屋内運動場の改修と工事を進め、今年の3月に完成しました。
新しくなった校舎棟は、ワークショップで出された児童や地域の方々の声を随所に反映し、ヒノキで作られた下駄箱や腰かけ、木材を多用した教室、木の種類が一目で分かる壁の展示など、子どもたちにとって木のぬくもりを肌で感じてもらえる作りとなっています。
新型コロナウイルスのため登校自粛となっていた生徒さんも6月から分散登校を始め、今は新しい校舎で楽しい学校生活を再開していることと思います。

2020年5月15日 | 施工トピックス

「高崎総合医療センター別館」が竣工しました。

国立病院機構 高崎総合医療センターは地域がん診療連携拠点病院として、専門的ながん治療を行うとともに、手術、放射線治療、化学療法センターでの外来化学療法などを組み合わせた集学的な治療を実施しています。
緊急手術の増加に伴い、既存の手術室では機能を果たすことが難しくなり、2020年3月に別館をオープンしました。現在当社では引き続き、本館の改修工事を行っています。
5階建の新棟はハイブリット手術室1室を含む5室の手術室と脳神経センター、患者サポートセンターを備えています。高崎・安中地区の患者さんの高度急性期医療の受け皿として、また地域災害拠点病院として、今後ますますの活躍が期待されています。

2019年12月15日 | 施工トピックス

「㈱ニチネン川場事業所」が竣工しました。

固形燃料やカセットコンロなどを製造・販売する㈱ニチネン様は、2007年から群馬県片品村に於いて飲料水の生産を行っておりますが、このたび当社の施工により、川場村に新たな飲料水の生産工場が完成しました。
この工場では清浄な地下水を利用して、ミネラルウォーター「武尊の天然水」や炭酸水を年間6800万本生産可能です。工場の2階には製造ラインを見ることができる通路が設置されており、今後は体験コーナーを設けるなど、地域の交流の場として活用される予定です。

2019年11月15日 | 施工トピックス

第60回BCS賞の表彰式に出席しました。

日本建設業連合会の第60回BCS賞受賞式が東京・帝国ホテルで開かれました。
今回「太田市民会館」の受賞に伴い、発注者である太田市の清水市長、設計者である香山壽夫建築研究所ならびにビー・ファーム、環境エンジニアリング、施工者である当社が出席し、表彰を受けました。

左から工事を担当した本社工事本部の神谷大輔、当社社長の髙橋明、太田市の清水聖義市長

2019年8月23日 | 施工トピックス

「有明テニスの森公園クラブハウス・インドアコートSGEC/PEFCプロジェクト認証」授与式が行われました。

現在当社では、「有明テニスの森公園」の工事を施工中です。
「有明テニスの森公園」では、クラブハウス・インドアコートの木造屋根トラスに用いる構造用集成材について、SGEC/PEFCの部分認証を取得しました。
SGEC/PEFCとは、適正に管理された森林から切り出した樹木を原料とし、他の材料と混じることのない加工・流通を経た材木で作られたことを、認証機関がプロジェクトごとに審査し、認証する仕組みです。
都立の建築物として、このプロジェクトの認証を得たのは、この「有明テニスの森公園」が初めてということで、都庁にて認証の授与式が行われました。
式には建設を担当している当社も招待され、加藤副社長と現場代理人の神谷さんが出席しました。
授与式の最後には小池知事を始め、出席者の写真撮影も行われ、大変名誉なことだと思っています。

2019年7月23日 | 施工トピックス

太田市民会館が第60回BCS賞に選ばれました。

国内の優れた建築物を表彰する第60回BCS賞が7/22に発表され、当社が施工した「太田市民会館」が選ばれました。
当社としては2014年に「群馬県農業技術センター」が第55回BCS賞に選ばれたのに続き、2回目の受賞となります。
「太田市民会館」は2017年2月に完成し、アルミニウムやコンクリートといった素材で仕上げた抽象彫刻のような外観と、多彩な光が差し込む内部空間との融合が選考委員に評価され、「光と知性であふれた豊かな抽象」と表現されました。11月には東京都内で表彰式が行われる予定です。

2019年7月1日 | 施工トピックス

東京消防庁 臨港消防署が完成しました。

臨港消防署の新庁舎は中央区のオリンピック選手村地区にあり、晴海ふ頭公園に隣接しています。
地上5階建で、屋上には緊急時に使用できるヘリポートがあります。
臨港水難救助隊が所属しているため、浮き桟橋や舟艇整備等が設けられ、消防艇6艘、水上スクーター2層が配備されています。

2019年6月16日 | 施工トピックス

日本モンゴル教育病院の開院式を行いました。

モンゴルのウランバートル市で、日本の無償資金援助により当社で施工を進めてきた日本モンゴル教育病院の開院式が盛大に執り行われました。
式には日本から来られた河野外務大臣や高岡大使も参列され、スピーチを行った河野外務大臣には名誉博士号が授与されました。
工事を担当した当社は、モンゴル医科大学学長から感謝状や病院全景が描写されたマットを贈呈され、大変光栄に思っております。

2019年3月16日 | 施工トピックス

村山医療センター新病棟が竣工しました。

村山医療センター東京都武蔵村山市にある医療機関で、独立行政法人国立病院機構が運営しています。
一般病院では対応が困難である脊髄損傷及び骨・運動器疾患に関する高度な医療を行なっており、早期の社会復帰を目指したリハビリテーションに至るまでの一貫した医療を行っています。

2017年11月3日 | 施工トピックス

モンゴル教育病院の上棟式を行いました。

当社は政府開発援助(ODA)事業として、現在モンゴルのウランバートル市に於いて、教育病院の建設工事を進めております。工期は2016年4月着工、2018年7月完成予定、敷地面積は約8万㎡で建物は地下1階・地上3階、総床面積は約1.6万㎡です。11/3(金)にはその上棟式が行われ、来賓としてモンゴル大統領や大学長、朝青龍も出席されました。

  • MONGORIA-JAPAN TEACHING HOSPITAL 完成予想図

2017年3月12日 | 施工トピックス

太田市民会館が竣工しました。

2016年10月31日 | 施工トピックス

センコー㈱加須PDセンターが竣工しました。